今回は塗り方の「影つけ」です。

■影は、ブラシツールで描く人もいますが、私は綺麗に描けないので、ペンツールで描いています。画像を忘れたので前回画像からなんですが、左のツールパレットのつけペンの絵のアイコンがペンツールです。
3


●そのツールはブラシなどとは違い、アンカーポイントと呼ばれる転換点をクリックで打っていって描くものです。なので、タブレットがない人でも、マウスで綺麗な線が引けるのです。(このサイトでも昨年くらいまではマウスで描いてました)

●影は、実際の下地からはみ出るくらいでいいです。(あとからはみ出しは消せるので)
そうしてアンカーを打ちながらレイヤーを囲んで、各部分影を作っていきます。

●レイヤーがいっぱいになるので、それを、各レイヤーをリンク、結合させて一つにまとめます。(下図)
4


影のレイヤーも、下塗り同様、肌、髪、服など、各部分けてまとめます。


1.はみ出した影は、下図のように、まずその影部分の「下塗りのレイヤーパレット」をctrl+クリックで選択します(点線で選択範囲が表示されます)。

2.ツールバーから選択範囲の反転。これで、選択した下塗り以外が範囲になります。

3.最後に、「影のレイヤーパレット」を選択し、Deliteキーで消去します。すると、さきほど選択した下塗り以外の部分が消え、はみ出しがなくなります。(このときツールパレットは黒矢印マークの移動ツールになってないといけません)
5


■こうして各部分ごとの影レイヤーを分けて作ります。テカリや反射も同じ要領です。
そうすると下図のように、ほぼ完成形になります。(はみ出し消してませんねw)
6

アニメ塗りというやつですね。画風によれば、これで完成といえば完成です。

●なお、影や反射の決め方は、光の入射方向をあらかじめ決めておいて、それに対して決めていきます。このへんはデッサン云々なので、私も素人ですが、大事なのは逆反射があるということでしょうか。球体には影の裏の反射があります。このへんは目の空間記憶を日ごろから、です。まぁ、上手い人のCGや漫画、実物を参考にしていればわかってきますのでご安心を。

〜次回からはブラシツールや消しゴム、ぼかしツールで「影のぼかし」です。これがCGの醍醐味というか、クオリティの決め手です。〜


コメントボードへ